フランチャイズと弁護士がどう関係あるかって?それは長い説明を要するのでここではその一例を述べることにしよう。そもそもフランチャイズってなんぞや、というところから入っていくのが妥当だと思われる。世間のフランチャイズの見解がもしかしたら間違っている解釈で浸透している可能性があるからだ。フランチャイズイコールチェーン店という解釈をしている人も居るのでは。実はフランチャイズイコールチェーン店は○でもあり×でもあるというのが答えである。言い換えるとチェーン店の中にフランチャイズを含む事もあるという事になりどちらが上位カテゴリーかを考えると図式が理解しやすいかもしれない。フランチャイズと弁護士の関係は弁護士がフランチャイズで起こった問題を解決すべき依頼されるという事になる。お金があるところにトラブルあり、トラブルのあるところに弁護士ありという所でしょうか。弁護士は問題を起こす方、問題で悩む側両方のお手伝いをするために存在します。