もしも毎日がつまらないと感じているのであれば、休日の過ごし方を変えてみるのが良いかもしれません。
何故なら、休日というのは体を休めるだけでなく心に溜まったストレスなどのモヤモヤを解消させる貴重な時間となっているからです。
このような時間を無駄にしてしまえば身体を休めるタイミングが無くなるだけでなく、心が疲弊してしまいます。

金澤幸雄の休日は映画を見ることから始まります。
学生時代から続くこのルーティーンは社会人になってからも続けていますが、およそ2時間のこの時間は彼にとってかけがえのないものとなっているのです。
現実から引き離されたフィクションの世界に没頭することで日頃の仕事を忘れるだけでなく、自分の原点に変える時間になっています。

また、金澤幸雄は休日にバスケットボールを楽しみます。
一緒にプレイを楽しむ仲間たちは学生時代からの友人や会社の同僚、さらにはバスケットボールを通じて知り合った人々など多岐にわたります。
どちらかというと人見知りだった金澤幸雄ですが、バスケットボールを通じて人脈を広げることによって人と人とが結び、生まれる縁の力を知り、現在では積極的に人と交流するようになりました。
そのため、コミュニケーション能力が高いのです。