最近、新型のコンピュータウイルスによって犯行予告などが掲示板にパソコンの遠隔操作で書き込まれるという事件が発生しており、ネット社会に大きな脅威をもたらしています。
この遠隔操作ウイルスを放置しておきますと、企業の機密情報が悪意ある第三者によって持ち出されてしまう可能性も大いにあります。
したがって、遠隔操作ウイルスの脅威がある現在、情報漏洩対策は企業にとって急務となっています。
最新のウェブフィルタリングソフトでは、アンチウイルスソフトと連携して、遠隔操作ウイルスへの感染防止を防ぐとともに、不正サイトへのアクセスや掲示板への書き込みを禁止するなどの、情報漏洩へのしっかりとした対策を講じることができます。
このソフトに搭載されているデータベースは、つねに最新のものに更新されていますので、日本語のサイトはもちろん、外国語のサイトやスマートフォンなどのモバイルサイトに対応することもできます。
また、このソフトを使えば、掲示板などを閲覧できる状態にしていても、書き込みは禁止、という風にしておくこともできます。
また現在、タブレット端末を活用している企業が増加しつつありますが、タブレット端末
をなくしてしまったり、などで顧客情報の漏洩につながってしまう懸念もあります。
こういった、企業の社員のタブレット端末の利用状況も、ウェブフィルタリングソフトを使えば簡単に管理することができます。clickして参考サイトへ