歯の大切さは、本当に失ってみて初めて知るものかもしれません。
小さい頃に通っていた歯医者さんは、悲しいことにいつも何もいわずに抜いていました。
それが嫌で歯医者に行かず、痛くなってから行くものですから、虫歯の治療ができない状態になってしまいました。
途中で、放置したりして、今考えるとなんて恐ろしいことをしていたのだろうとぞっとします。
親も、無理やりにでも連れていってくれたらよかったのにと恨みたくなります。
虫歯への自覚ができてきた頃に、今度は、歯周病との戦いが始まりました。
こちらも、抜いてしまうしかないという考え方が主流でした。
そこで、私は、歯に対する真摯な姿勢を持つ歯医者さんを探すことにしました。
すると、武蔵中原にある 中林デンタルケアクリニックは、歯はかけがいのない資産であると考えていることがわかりました。
そして本来持つ天然歯にかなうものはないと主張されています。
私が探していたのは、まさにこんな歯科医でした。