導入コストがかかる事がネックだとされているRPA。
確かに、企業の中で行われている様々な業務をすべてラーニングさせることは長期間分析をする必要があります。
また、それだけではなくそれにかかる開発費用やツール代、保守人件費などは時間がかかればかかるほど莫大な金額になっていくため企業に対して負担が大きくなっていくのです。
そのため、企業によってはRPAの導入を見送っているところもあります。

FAST RPAコボットは人材派遣会社の定例業務にのみ仕事を絞り込んでいるため、ロボットを事前に開発する事が可能です。
それによって導入期間を短くするだけでなくコストを削減する事が出来ます。
従来のRPAは導入コストが莫大なものになるのに対してFAST RPAコボットは月額費用のみになっています。
そのため、企業の中でも負担が少なくなるため承認される可能性が高くなるのです。

また、安定稼働が実現できるということも魅力的です。
RPAは24時間365日稼働させる事が出来ます。
これは人間では到底真似できないパフォーマンスとなるため、例えば土日祝日や深夜などに時間外対応に最適だと言えるでしょう。
また、万が一トラブルが起きたときにはリモートサポートを使うことによって即座に解決できる可能性もあるのです。