日本の太陽光発電システムメーカーの中でも京セラは歴史のある製造メーカーです。
1973年に日本国内を大騒動の渦に巻き込んだ第1次オイルショックの時に、自然エネルギーの有効活用が今後の世界の流れになると考えて、1975年には社内に太陽光発電システム専門の研究室を立ち上げ、市販化へ向けた開発を始めていますから、積み重ねてきた技術力はかなりのレベルにあるといえるでしょう。
京セラの技術レベルの高さは太陽光発電システムの基幹部品であるソーラーパネルのサイズにあります。
他社のソーラーパネルと比較して同レベルの発電量でサイズがコンパクトなので、発電効率が高いという特徴があります。
ソーラーパネルの横幅が短いので、小さな日本家屋の屋根への設置に向いているといえるでしょう。