三角くじを引くときには、箱の中に手を入れて、そして一枚を取って
両側を開くようにして開けて、当たりかはずれかを確認していました。
今もその三角くじは健在ですが、時の流れとともに出てくるのが、その多様化した形です。
そう、昔のように両側を開いて見る三角くじだけでなく、スクラッチになったものや、
ピックアップしているもの。
そう、真ん中のピックアップされたものを手で剥がすタイプのものがあるのです。
こうしてみると、三角くじというものは、いろんな形になりました。
手で破るタイプのものは、今もありますが、それ以外にも形をさまざまに変化してきています。
手軽に見るタイプのくじが、すぐ確認できるので喜ばれるのかもしれません。