今年アメリカにいった時によく現地の方に褒められたのが、ネイルでした。
アメリカにも沢山のサロンがあって、現地の方は手ごろな料金で頻繁に通われているようでしたが、日本のサロンに比べるととても庶民的なサロンの内装でした。
また技術的にも日本のほうがかなり数段上を行っているようです。
日本では美しくなるために心身ともにリラックスし、お洒落に仕上げてもらうのがサロンの醍醐味ですが、アメリカでは形を整えて色を塗る、というような位置づけに近いものでしょう。
しかしアメリカのサロンで発見した事もあります。
それは日本で流行になりそうなマニキュアの色です。
技術的には日本のほうが上を言っていると先述させていただきましたが、カラーについてはアメリカの方がいろいろなビビッドな色が多く、沢山のメーカーが揃っています。
その中でもグレーとベージュといったヌードカラーで、大人の雰囲気満載のカラーが非常に人気が高く、サロンの中にもそういった色が沢山陳列されていました。
グレートベージュをあわせてグレージュというそうですが、日本でもこの秋人気になってきています。
通常ならばストーンや細工をしてもらうのですが、このグレージュにいたってはただモノトーンで塗るだけのネイルがシンプルでいいようです。http://itnail.jp/